我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | コメントはBBSに

某団体決死潜入レポ

航星日誌:地球歴2012年10月24日

え~、皆さんも必ず「持ちネタ」のひとつはお持ちのことと思います。
私の場合も然り。友人にはだいたい披露しております。

私の親戚に「神様」と呼ばれてるおばあちゃんがいました。
なんで神様かというと、某宗教団体がございまして、そこの信者の1人だったわけですが、ある日突然「自分こそ神だ」と言い出してクーデターを決行。
結果元の団体と袂を分かち、自分が神様と称して団体を率いていくことになったのです。

そんなわけで、親類からは「神様」と言われてるわけでございます。
ちなみに神様の妹はそのまま元の団体に残った次第だったので、姉妹でたいそう仲が悪い、と。
その妹という人はムチャクチャ面白い人で、私のいとこ連中の間でムチャクチャ人気がある人でした。
その人が来るといとこがみんな喜ぶという希有な存在でもありました。

とは言え、宗教絡みはその姉妹とその家族程度で、我々のところにはな~んにもしてこない、ただの親戚づきあいだったわけでして。
いや、特に付き合いもなかったけど。
そんな神様が先日亡くなりました。神様死ぬのかよ!
で、息子があとを継ぎました。
私のおじさんに当たる人です。
で、おじさんって人がある大御所のマンガ家さんと知り合いだったりして、別の伯父さんを通して会うことになった次第で。
んで、一度会ったあともちょくちょく「飯食いにこい」と呼んでくれてたんですけど、仕事だったりムフフ♪だったりでなかなかいけず、ついに昨日おじさんの家に直接行くことになりました。


前置きが長い!ここからが本題


何故か「17時までに絶対来い」という謎の指令の下、家に向かいます。
直前になって面倒臭くて行きたくなかったのですが、仕事が一段落付いてしまったので頑張って行った!

NEC_1939.jpg
バビるほど豪勢な家だった。
この辺で、そう言えば家元(宗教の)だもんな~とか徐々に思い出す。


チャイムを鳴らして名前を告げても中から人が全然出てこないので、これは勝手に入って良いのだろうかと思ってドアを開けたらおじさんがちょうど通りかかったところでした。
「お~、来たか。じゃあこれに着替えて」
と、何故か簡易エプロン的な上着をもらう。
いったい何が始まると言うんです!!???

NEC_1940.jpg
豪勢ないろりがあった。
スゲー、準備万端だ。

中に入るともう何人かいて、軽く挨拶をします。
1人は20代かな?の美人さん。
もう1人は30代の美人さん(とその旦那)。
更にもう1人は40~50代の美人さん。
オイ凄いな、美人ばかり集まってるじゃないか。

この辺で「家元(宗教の)と言えば美人を周りにはべらせてるよなぁ」とか再び思い出す。


上記の大御所マンガ家さんもやってきて、いよいよ食事スタート!
部屋の隅にスケジュール表が貼ってあって、何時に何を焼くのか綿密な予定があるらしい。
「絶対17時までに来い!」は、その所為らしい。

まずはフランクフルトを並べる。フランクフルトは焼くのに時間がかかるので、最初に焼くのだ。
そして、いよいよ最初の食材を焼きます。
NEC_1941.jpg
しいたけ!Σ(゚д゚lll)
いきなり最も嫌いな食べ物ベスト3に入る食材で出鼻を挫かれる。
ここはガマンしちゃダメだ。
「ごめんなさい、しいたけ食えません」
あらあら~みたいな感じで美人さんが気を使ってくれる。悪くないな。


さて、皆がしいたけの美味しさを語る空間でお通しのかまぼこをボソボソ食う私という、ちょっとシュールにも思える時間が流れる中、とりあえず皆で自己紹介をしましょうという話になります。

最初は40~50代の美人さん。
この人はアナウンサーでした。九州の方にもいたらしいです。
自己紹介の中、ところどころ「先生にお世話になった」的な話が混じりだし、
「ハハァ、さてはこの人達は信者の人では」
と察しが付き出す。
でもこのアナウンサーは年齢の所為か、まだちょっとマシな方だった。

続いて私が自己紹介。
おじさんが「結婚しないのか?」というので相手がいねーと無理だとか適当に誤魔化す。
ところがそのおじさん、
「剛はお母さん離婚してたよな?ってことはお前にもそーゆー因縁があるから、気を付けないとな」
などと言いだし、かなり不穏な空気が流れ出します(私の中だけで)。
「ヤバい、本当にこの手の人たちは【因縁】とか言うんだ」
などと思って、とんでもないところに来てしまったかもなどと今更ながら後悔先に立たず的な立場を思い出します。
しかしながら、周りの信者の人たちは凄く納得して聞いてるので、なんかもうなかなか見られない光景をアリーナ最前席で見てるという凄さにちょっと心が動かされてたりします。
コイツ等マジか。


しいたけが終わった辺りでカニ。
NEC_1942.jpg
カニかぁ…。カニもそんなに好きじゃないんだけど、まぁカニなら食べられるか…。
美人アナウンサーさんに「カニは大丈夫ですか?」とか聞かれたんで、まぁ頑張って食べたよ。
前に食事行った時にわかってたけど、洋食は出ないよね…。


さて自己紹介、次は私の隣は30代の美人さんとその旦那さん。
彼らはウナギ屋さんでした。
元もと普通のサラリーマンだったらしいのですが、ある日先生(おじさんね)から「今すぐ仕事を辞めてウナギ屋をつぎなさい」と言われて、即辞表を出して実家を継ぎました、とのこと。
「先生のおかげではれて彼女のようなステキな奥さんとも結婚出来ました。本当にありがとうございます」「君には出来すぎた女性だったんだよ。でも、俺は止めろって思ったんだけど神様が結婚した方が良いって言うから」
などという話になり、もういてもたってもいられなくなり出します。
旦那も奥さんも両親や祖父母の代からの信者なんだと。
2人とも凄く納得しながらおじさんの話を聞いてるよ。
自分の立場が辛い…。

この辺で場の空気を更に盛り上げようと神様の子供の頃のエピソードとか思い出したんだけど、そんな話を信者の前でしたら何が起こるか分かったもんじゃないので黙ることにしました。

コイツ等ギャグのひとつも通じなさそうなんだもん。


NEC_1943.jpg
ウナギ屋さんは自分の家のウナギを持ってきてくれてました。
たれも当然そこの自家製のです。
これはもう、さすがに美味い!ベリーグッド!!
旦那もウナギを持つと目の輝きが変わる。さすがプロフェッショナル。
おじさん見る目の色もなんか違うけどね!


さて、続いては漫画家の方なんですが、この人は本当におじさんの飲み友達。
映画も好きな人なんで、本日私の味方はこの人だけ。


NEC_1945.jpg
サザエの壺焼き!
サザエは好きだぜ!


次は20代(と思しき)美人さん。
なんとプロの歌手だと言うこと。ネットで調べたらあったけど、個人特定はとりあえず今回は止めておくことにします。
ちなみにこの歌手の人とアナウンサーの人、この団体では「七福神」と呼ばれる7大美女のうちの2人だそうです。
これは納得。
歌手の人はおじさんの右に座っており、ほとんどずっとおじさんが太ももを触ってます。
更にときどき、お尻や胸も触ったりして「先生、タッチはダメですよ♪」などとどうしようもない行為が行われています。

なんだこれ。バブル期の銀座のクラブか。

やっぱりこの手の集団のトップというのはこれがあるんだな。
やるならトップだよな。
今度は「俺こそ神様だ」などとのたまおうかしら。


NEC_1946.jpg
うたげは続き、次はアスパラのベーコン巻き。
当然お金持ちなので、食材は一流のもが使われます。
うめーなー。若い頃に交流があったら、毎週美味いもの食わせてもらってたなー。

ちなみにおじさんはどんどん酒を飲むので、完全にただの酔っぱらいです。
漫画家の方は幾ら飲んでも全然変わりません。スゲーなー。

この辺で箸休め的に辛子明太子が出ました。
歌手の人が九州土産に買ってくれたもので、とても美味しい(写真忘れ)。


NEC_1947.jpg
何とかって言う貝。
ノリを巻いてしょう油を付けて食べる。
海鮮類は積極的には食べないけど、やっぱり食材が良いのか美味しいね。
先程のアスパラもそうなんだけど、ウナギのたれも付けて食べてみたら、これがやっぱり美味い。
ウナギのたれは正義。

ここでなんたら言うケーキが出たんだけど、これも写真忘れ。
もちろん美味しかった。
おじさんは完璧に酔っぱらってるのでさっきから同じ事ばかり俺に聞いてくる。
丁寧に相手をする七福神の2人。
酔っぱらっても凄いんだな~的な目で見る夫婦。

部屋の片隅にある豪勢そうな壺で片っ端からぶん殴って「折ったどー!!」とアントニオ猪木ばりに叫び出したい衝動にずっと襲われてます。


NEC_1948.jpg
最後!
最後はこのいろりの炭の中でずっと蒸していた焼き芋!
これが美味くて、更に付属のバターも美味かった。
「剛、どうだ?」
とおじさんに聞かれたので「いやー、バターがまた美味いっす」と答えたところ
「最初にイモ!次に焼き加減!最後にバターを誉めるんだろ!」
などとキレられる

俺はいったいどうしたら良いんだ…。




酔っぱらいと信者に完全にノックアウトされたところでお開き。
いや、別に宗教だの信者だのに対してはどうでも良かったんだ。
この、昭和初期生まれの人間の酔っぱらい方が嫌いなんだよ!俺は!!
クソー…。

「この子美人だし良いじゃない」と、漫画家の方に歌手の人を指して言われたけど、いろいろノーサンキュー。
でも食べ物は本当に美味しかったよ。金あるもんな。
ずいぶん前から「肉が食いたい」とほのめかしておいたんだけど通じなかったので、今度こそ高級肉食いたい。
俺は肉が食べたい。
グラム1万円くらいするような肉が。
絶対食ってるもん、家元(宗教の)だし。
いつか食えると信じてるぜ!俺は!

信じる心が大事だもんな!!








あと、残りの五人も見てみたいし。
スポンサーサイト

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

  1. 2012/10/24(水) 15:08:53|
  2. おいしゅうございます
  3. | トラックバック:2
  4. | コメントはBBSに

モンゴル料理

航星日誌:地球歴2012年7月10日、母の誕生日

日曜日、ウチのモンゴル人留学生が、母にモンゴル料理を振る舞うからと言うことで行ってきた。
一応誕生日と言うことかな。
彼は防衛大を卒業して、研究生としてこちらへ再留学、ついでに奥さんも来たので手料理を振る舞えるのだ。

今回は3品。
NEC_1521.jpg
まずは飲み物。
モンゴルのミルクティー。
ミルクティーと言うからには紅茶にミルクを入れたものと想像しがちだけど、これは別物。
モンゴルのお茶にミルクを混ぜ、そこに塩を入れるのだ。
で、味はどうなるのかというとこれが実にビミョー。
お茶にミルク、そこに塩というからにはなにかしらの味がしそうなものだが、まったく味がしない。
せめてしょっぱければ良かったのに…。



NEC_1522.jpg
続いてモンゴルの餃子と言うべき、ホーショル。
これが美味い!
揚げてあるのにまったく脂っこくなく実に食べやすい!
大きさは今のスマホくらい、けっこう大きいですね。

モンゴル料理というのは味付けにクセが無く、日本人が食べても大変食べやすい。
逆に、モンゴル人が日本に来ても食べ物で苦労することがないと言うことらしい。


これ以外に何種類かサラダ(画面の左にちょっと映ってる)。
サラダにはモンゴルソーセージが入っているのだが、モンゴルのソーセージは日本の市販の製品よりはるかに美味いので、ウチの留学生が実家に一時帰省するときには大量に買ってきてもらうのだ♪



おまけ:
NEC_1523.jpg
馬肉のジャーキー。
これがまた美味いんだ!
(画像だとウ○コに見えるけど…)
食後に食べてるつもりで一袋モリモリ行ってしまい、たいそうお腹一杯になってしまった…。

と言うわけで今度彼らが帰省したらこのジャーキーも追加することに決定☆




以上です。
内容が薄そうなのでウチのお嬢さんの写真で〆
NEC_1524.jpg
 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2012/07/10(火) 23:39:56|
  2. おいしゅうございます
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

さんきゅう

航星日誌:地球歴2012年6月30日

NEC_1506.jpg
妹一家より。
アラフォーのおっさんにこれはw
 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2012/06/30(土) 19:23:53|
  2. おいしゅうございます
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

麺屋武蔵 巖虎

航星日誌:地球歴2011年2月1日

4コマ-3-8

私:特製巌虎ら~麺 並盛り
こばさん:特製巌虎ら~麺 大盛り
ayaさん:つけ麺 中盛り

今一度。
ayaさんおごりでした。
 
この辺に詳しく書いてあったり。
 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2011/02/02(水) 00:58:42|
  2. おいしゅうございます
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

ラーメン玉子

航星日誌:地球歴2009年12月1日

いろいろあって、玉子三昧になりました。
SANY7739.jpg


そんなわけで、大量に消費出来る玉子料理のご案内。

ところで、玉子は1日何個まで食べて大丈夫でしょうか?
板東英二さんは数十個単位だそうです。
以前は1日3個までなんて言われてました。

我が家だけかもしれませんが。

しかしながらそんな根拠の無さそうな説に疑問を持った私、実践してみようかと思いました。
ちなみに私は、味付きのゆで玉子、それも硬ければ硬いほど好きです。
半熟は許せねえ!ハードボイルドであるべきだ!と言う信念の元、固ゆでの玉子をバリバリ食べます。
大涌谷の黒玉子なんて最高ですね。
ラーメンに入ってる玉子も硬くなきゃダメだ!
温泉玉子なんてもってのほか、目玉焼きもガチガチに両面焼くぜ!

…話はそれましたが、そんなゆで玉子が大好きです。
おでんも、玉子だけ食べてれば幸せです。
特に他のはいりません。

完全にそれてますが、そんな感じで1日何個まで食べてよいか実践。

さて、この様な実践を行うのにちょうど良いのが、ラーメン玉子です。
作り方は本当に簡単。

1:ゆで玉子を作る
2:適当なパックにめんつゆ(そのまま飲んでも平気なくらい薄める。つまりそばを食べるときのように)を適量入れて、そこにゆで玉子の皮を剥いて入れる

はい、これだけ。
SANY7740.jpg

何故ラーメン玉子と言うのかというと、自宅でラーメンを作ったときにトッピングで入れるのに大変合うから。
で、そのまま食べてもチョーいける(若者風に)。
これをおかずにチャーハンを作り、サラダに更に別のゆで玉子をトッピングなんて贅沢を

そんなこんなで1日6個近く食べたわけですが、別になんてこたぁありません。

コレステロールがどうのとか言われると怖い気もするので結論…


玉子は1日4個まで。

科学的根拠なし、以上。
 

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2009/12/01(火) 21:00:49|
  2. おいしゅうございます
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。