我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

血液検査

航星日誌:地球歴2013年10月15日

先日病院行ったときに、MRIと一緒に血液検査もしたのでその結果です。

血液検査-1

気になるところをチェック!

LDL.コレステロール…悪玉コレステロール、だったかな?
これは上が139までのところ、122なので大丈夫そうなんですけど、お医者さん曰く120以下の方が良いよ、と言うこと。

中性脂肪…
これの上限は149のところ、169もある!
しかしながら、本来中性脂肪を計る際は前日だか朝の食事を制限しなきゃいけないらしく(しかも2回計る?だったかな?)、いきなり行っていきなり計ったので正確な値ではないとのこと。
とは言え、もういいおっさんだし、中性脂肪には気を付けたいですね!

グルコース…
問題はこれ!
我が家は見事なくらいの糖尿病体質だったりします。
死んだお祖父ちゃんや伯父さんも糖尿病、先日母親も糖尿と診断されてしまいました。
これはもう遺伝的に私も危ないに違いない!

しかし、だいたいの人にはお母さんとお父さんがいます。

うん、つまり、父型の方はどうなのかな?って言う。
父親の方には糖尿の遺伝子はないんじゃないかな?って言う。
で、こないだ行ったときに聞いたら素晴らしいことに糖尿の遺伝子はないとのこと!
「でもお前目が悪いじゃん?オレ目悪くないし。目が悪いのお母さんの方だし」

母方の遺伝子だった…。

いや、で、そんなわけでいつ遺伝子が出てきてもおかしくないんですよ、ボク。
そんな中での糖尿病は…

75!無し!

ふー、危なかった…。
しかし、私から見ても発病する要素が見えない家族が発病してしまった今、いつ発病してもおかしくないんですよね…。
まぁなるべく健康な生活するしかないと言うことで。

こないだ早速ストックしていたスープヌードル大量に友人にくれてやった!
野菜もっと食べなきゃ?
 
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/10/15(火) 23:20:56|
  2. やまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

二年振り、二度目

航星日誌:地球歴2013年10月7日

二年振り、二度目のMRI。

5日ほど前から頭痛が続くので、一部では「神の薬」として名高いE○E錠を飲んだわけですが。
サッパリ効かないので、いい加減頭痛だけでも生活に支障が出るのも嫌なのでお医者様に行ってきました。
よく考えたら、4年前に同じ様なことがありましてね。

さて、四年ぶりのお医者さんは、大きく様変わりしていました。
建物の大きさが二倍ほどになり、整形外科?が一緒になってました。
まぁ前回と症状は一緒なんで「また頭が悪くなったので 頭痛が続くんでお薬ください」と。
前回の時もそうだったんだけど、あまりに症状が改善されないと「明日病院行くか…」と決心したときに、とりあえず最悪の時のこと考えるんですよね。

死んだらPCの中の危ないデータを誰に託そうかとか。

お風呂の中でずっと考えていました。
フィギュア類は友人に頼んで全部引き取ってもらおうとか。
HDDは何人かに分けて渡そうとか。
もう初老を向かえるとリアルになるよね、こーゆーことが。
ならないっすか、そうすか。


で、結果的に言うとやっぱりただただ緊張製の頭痛だったわけです。
要するに筋肉痛みたいな感じ?たぶん。
前回はCTスキャンだったんですけど、今回はMRIでした。
これが、二年振り二度目(前回のMRIは腰痛でしたけど)。
cap002.jpg
相変わらず、MRIというとこの画像が出てくるわけですが。
こないだの腰痛の時とだいたい一緒だけどやっぱり今回は頭だった所為か、ちょっと緊張して心拍数が上がってくるのが分かる。
「うるさいのでイヤホンします。音楽が流れてくるので多少和らぐと思いますが」
と言われたけど、やっぱりうるさいなー狭いなーちょっと怖いなーなどと思ってるウチに眠さが勝って寝てしまってあっと言う間に15分。


なんの面白味もオチもない記事ももうすぐ終わりです。

結局(後日詳しい検査結果が出るんですが)、現状で脳梗塞や脳腫瘍の心配は無し。
先生曰く「その年齢だったら脳梗塞なんてないですよ!」
一番親しい同い年の友人がそれなんですがね…。

治療費15分、1万円です!
きえ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
ここ数ヶ月アシスタント先の仕事が減ってマジでヤバい状況なのに…筆折ろうかのう…。
現実の方がダメージ大きいよね。
ところで先生が代替わりしていて、凄くデジタル化してましたね。
自分が使ってるワコムの液晶タブレット、それの高いヤツ(値段もインチ数も)使ってました。
いいなぁ…。
NEC_2969.jpg
ヤマもオチも意味ない話だったので。


あ、E○E錠が効かなかったのは、この手の症状の治療には、継続的な投薬が必要だからみたいです。
つまり、1回飲んだだけじゃ余り効かないって事。
 

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/10/07(月) 15:38:25|
  2. やまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

親不知を抜こうと思って死にかけた話

航星日誌:地球歴2013年3月15日

普通みんなは医者は嫌いですよね?
痛いし、怖い。
でも、虫歯は管理でどうにでもなりますが、親不知はそうもいきません。
歯医者は嫌でも親不知は抜かないといけないことが多いです。
そこで、私の体験で歯医者なんて全然大丈夫だぜ!ってことを知って欲しいのです。
少し長いけど読んでね!
NEC_2248.jpg
※画像と本文はまったく関係無いです





私は今まで二度ほど親不知が生えました。
口の中のことですから、違和感がありますよね。
こう見えて小学校五年生から虫歯の無い男、すぐに歯医者です!

最初の親不知は順調でした。
面白い先生で、針を刺して麻酔代わりにするのです。
良い先生でした。
人気もあって。
ところが、その先生が若くして急逝してしまいます。
後任の先生は若くて、サーフィンでもやってるのか色も浅黒い、笑顔が素敵で男の私が見ても「絶対モテるだろうな、畜生」という感じの方でした。
その先生の時に、起こりました。



その時私はまた口の中に違和感を感じました。
以前の経験からすぐに「親不知だ」と分かり、すぐに医者に行きました。
治療自体は簡単に終わり、抜いたあとから血がまだ出ているのでそこにガーゼを詰めて帰ります。
先生からは「血が止まったらガーゼは捨てて良いよ」とのお達しが。

…が、1時間経っても2時間経っても血が止まらねえ。

自分でガーゼを出してきて噛みしめますが、まぁ止まらない。
すぐガーゼが血のかたまりになってしまう。
んが、この時点ではまだ「もうしばらくすれば止まるだろ」と思って、歯医者さんに連絡しなかったのです。

夜中になっても止まらねえ…。

この時点で何が困るか。
「寝てしまえば大丈夫だべ」などというよく分からない理論で寝ようとするのですが、なにせ横になっても出血でどんどん口の中に血が溜まってくるので寝られないのですよ!
仕方ないのでいちいち起きあがって口の中の血をティッシュに含んでそばのゴミ箱に捨てる…この作業を繰り返すわけです。
徐々に血に染まるゴミ箱。
いい加減この出血はヤバいと思いだすんですけど、なにせ夜中だから医者に連絡もとれない。

血は止まらない、怖い、でも眠い。
ここであるアイディアが湧きます。

横向きになって寝れば口の中に血は溜まらないんじゃね?

なんと素晴らしいアイディアでしょう。
自動血吸い出しマシンと化す私。
するとどうでしょう。

当然の帰結として枕が血で染まります。

バカだろ、俺。
この辺でさすがにこのまま失血死でもしてしまうのではと言う恐怖に襲われたのが、確か朝方の4時か5時くらい。
でも人間、恐怖に襲われたときはちょっと冷静になりますよね。
そこで、119番ではなく「困ったときにどうすればいいか教えてくれる番号」に電話しました。
すると、一応駅近くの病院で止血だけはしてくれるとのこと。
とにかく血を止めたいんだ!と言うことで、急いで病院へ向かいます。

家族も寝てるんでバイクで。

血が止まらなくて困るので病院へ行く、と言うのをなぜか家族に言えなくて車ではなくバイクで。
う~ん、今ふり返ってもバカだ。
医者へ行き当直の先生に手当てしてもらうことになり口の中の止血をやってもらってる最中に貧血でぶっ倒れました。
もう十数分早かったら…。



その後、家族に連絡して車で迎えに来て貰いました。
事情を話して私の部屋へ行き、血に染まったゴミ箱と枕を見た家族は、病院で私を待ってる最中に貧血で倒れました。

よ!貧血親子!!

言ってる場合か!
…その後、この様な事態で家族は敗血症を心配しました。
しかし、親不知を抜いた歯医者は怖い。
そこで近くにあるもうひとつの医者に行きました。

私「これこれこーゆーワケで血が止まらなくなったんです。敗血症が心配なので見て下さい」
歯「ハハハ!大丈夫ですよ!敗血症って言うのは戦後すぐのころの病気なんですよ!今じゃそんなのありませんよ!ハハハ!!」

私の祖父は数年前にその敗血症で死にかけたんですけど…。


結局この医者も信頼できねえってことで、その後一度も行きません(当然)。
そしてそのあと、一応親不知を抜いてくれた医者に連絡しました。
私「血が止まらなくて大変だったんです」
歯「ハハハ!大変でしたね!」

…オイ、それだけかよ!
NEC_1492.jpg



幸いなことに、今のところ残ったもう1本か2本の親不知は出てきていません。
もちろん親不知を抜いてくれた医者にはその後しばらくしてから行ってません(定期検診でちょっとだけ行った…)。
今は良いお医者さんを見つけてそちらにお世話になっています。


この経験から、これから歯医者に行く皆さんへのアドバイスはひとつ。
良いお医者さんを見つけてね!
お医者さんがよければ安心だよ!怖くないよ!
 

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2013/03/15(金) 18:40:47|
  2. やまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

GINBA

航星日誌:地球歴2011年4月12日

みながみなAKIRAを当然読んでる前提はどうだろうと思うけれども
4コマ-3-12

もうおじさんだから同じ事何度も何度も言っちゃうんだけど歯が大切なので歯医者は大好きです。
ここ数日歯を磨くときに歯に違和感があって、歯に食べたものが詰まってると思ったんだけどよく見たらそうじゃなくて歯が黒い!

10歳の時から虫歯がないのがちょっとだけ自慢なのに!

でも前回の定期検診からちょっとしか経ってないのにこんなに虫歯が非道くなるか!?
などと思って色々考えてるウチに
「アラ?そう言えばここ銀歯じゃなかったっけ?」
って思い出しまして。
で、とにかく急いで歯医者に電話。
虫歯って言うことと後ひとつ、左下奥から二番目って銀歯じゃなかったですか?って聞いたらまさにそうだった!

銀歯が外れただけなら虫歯にはカウントされず!(myルール)

と言うことで昨日歯医者に。
治療そのものは10分もかからず。
最近は銀歯じゃなくてプラスティックなのね。
見た目の違和感の無さが素晴らしい!

ああー、歯が健康って素晴らしいー…。


日曜日の桜ツーレポはまた後日
 

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2011/04/12(火) 10:53:43|
  2. やまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

油断大敵

航星日誌:地球歴2011年1月28日

4コマ-3-7

今日はふたつ目(靴下履こうとして)。
みっつ目(去年やった)は、接骨院の先生曰く
「人の身体は仰向け状態から起きあがるような構造に出来てない」
そうです。

冬は危険。
 

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2011/01/28(金) 19:17:52|
  2. やまい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに
次のページ