我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | コメントはBBSに

ともおぺリベンジ(2015蟹座ツーリング)

航星日誌:地球歴2015年8月26日

遠い昔のことじゃった…。
ワシがまだ今の歳になりたての頃、山梨へと旅だったんじゃ…。
あまりに昔のことで、もうレポートは止めちゃろうと考えとったんじゃが、急に当時が懐かしくなってのう…。
思わずキーボードを叩いたんじゃよ…。

P_20150719_201139.jpg

そんなともおぺのことは、ここから見ておくれやす…。
 
スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/08/26(水) 11:13:11|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

ホンマ静岡は野性の王国やで

航星日誌:地球歴2015年8月19日 「バイクの日」

連日あまりにも暑くてバイクに乗る気が起きないので、起きるくらい涼しい時間に乗ればいいじゃない、と言うアントワネット的発想で夜に走ってきました。
夜はやっぱり怖いので、走り慣れた伊豆を目指したいと思います。

P_20150816_192751.jpg
まずは伊東にて出発前の腹ごしらえです。
最近自分の中でブーム中の油そばを補給。
さていよいよ出発ですわ!

ルート的には135号線からスパッと外れて、一碧湖方面に行くコースです。
そのまま松川湖方面の県道12号線を使い、西伊豆スカイラインに向かいます。
それにしても国道135号線を外れた途端に街灯すらなくなりハイビームじゃないと確実に命の危険が危なくなるのはさすが田舎道と言ったところか!
慣れ親しんだ地元の車がこの暗闇を猛スピードで煽ってくるのを避けながら、いよいよ西伊豆スカイラインの手前へ。
国道136号線から県道127号線へ入った途端に、国道でも暗かった道が更に暗闇へ!
空も曇り気味だし、完全に闇だよこれ。
「果てしない物語」で言うところの「無」だ!

P_20150816_210157.jpg
さてこの西伊豆スカイライン。
走り出すとカーブが多くてなかなか怖いのだけれども、それよりもカーブを越えた先に突然あらわれる鹿が怖すぎる!
しかも1匹や2匹ではなく、数百メートルおきに次々横切る!

確かに、ここ伊豆では昼間から国道沿いで野生の猿を見たし、静岡もこんな山奥に行くと猿も鹿も、ニホンカモシカも出るくらいなんだけど!

途中で見られる夜景も、暗闇と横切る動物の恐怖であまり感動しません!
P_20150816_210415.jpg

なお前方はハイビームでもこれくらいですが、後方はこれくらいです。
P_20150816_211307_LL.jpg
完全に「無」なのが分かりますね。

霧にまみれて走るのが好きなんで夜も暗さを楽しめると思いましたが、
思った以上に暗くて怖すぎた…。
このあと最近言ってない柿田川公園で湧き水を楽しもうと思いましたが、当然のことながら完全な闇だったので一応写真は撮ったものの上の真っ暗画像と変わらないので割愛。

このあとは国道1号線を使って帰ろうかなーと思ったんですが…
ここまで来たら行ったらんかい!
函南から県道11号線に入り、熱海峠を20号線に曲がります。
P_20150816_225121.jpg
フラッシュで明るくなるのは看板だけですわ。

こうしてまたもやハイビームの明かりだけを頼りにヨレヨレ走ること数十分?十数分?
そう言えばだいぶ前に同じ様なことやったんだよな~などと思って走っていると…

P_20150816_230333_NT.jpg
翼よ!あれがパリ 箱根の灯だ!


と言うわけで、ナイトツーリングお終い。
幽霊にぶつかっても事故らないと思うけど、鹿にぶつかったら死ぬかもしれないんで気を付けましょう!
 

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/08/19(水) 09:55:30|
  2. 山賊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。