我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | コメントはBBSに

〔新説〕ギャップ論

航星日誌:地球歴2007年2月13日

血のバレンタインになればいいのに(挨拶)。



今日は、先日みんなで飲んでいる時に発表されたエロスに関する理論を発表します。
飲み会以外では何の役にも立ちませんので、適当に聞いていると良いと思います。

まずは下の絵をご覧ください。
メレ

ハイ、メレです。

この絵にある条件が付く事で、エロスの具合が劇的に変化します。
その1:この絵の女の子は女子中高生だ

その2:この絵の女の子は実は20代後半だ。

ハイどうですか。
その2の方が圧倒的にエロスを感じますね。

女子中高生が制服を着てるのは当たり前なんです。
あり得ないギャップこそがエロスを劇的に変化させるのだ!!

これが、新説『ギャップ論』。
飲み会で大いに語ってみると良いですね。

…これだけのためにメレ描いた。




ところで先週の(本当の)最終回の獣拳戦隊ゲキレンジャーですが。
私の中で、全体的な出来としてはいまだに「デカレンジャー」が圧倒的なんですが、多分最終回までの流れは今まで見た戦隊モノでも最高。
圧倒的な面白さ。
最終回、アバンタイトルからオープニング曲への流れは、それだけで感涙。
後半における一年の集大成とも言える凄まじいアクションシーンと、主人公が「あの3人だった事」が分かる構成w
本当に素晴らしいシリーズだと思いました。
紫と白が空気以下の存在だったのはちょっと残念だけど、まぁいいでしょう。
理央様だけしか転生出来なかったのも、メレは元もと死人という設定だし、全然OK。

しかし、ライダー、戦隊共に面白い一年なんて滅多にないですぞ…。

スポンサーサイト

テーマ:獣拳戦隊ゲキレンジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/02/13(水) 20:44:36|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに
  5. | コメントはBBSに
<<(定説)ギャップ論 | ホーム | 知ってるつもりのネコの気持ち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomomma.blog97.fc2.com/tb.php/105-1fd45d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。