我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | コメントはBBSに

Return to Myself

航星日誌:地球歴2008年5月28日

原点。
一昨日、編集さんと打ち合わせをしていてふとこんな話になりました。

生きる事とか、仕事の事とか、人生って小難しい事が山ほど。
そんな、迷ったり悩んだりした時に、ふり返る自分の原点。
なんで自分は今ここにいるのか、こんな事をやっているのか。
一体何がきっかけだったんだろうか。
そんな自分の事が、原点をふり返る事で思い出せたりしないだろうか?

私は漫画家なので、やっぱり原点は漫画。
もはや「聖典」と言っても過言ではない、以下のふた作品です。
SANY5508.jpg

両方とも、感受性がワインワインに伸びまくってる10~12歳の頃に出会ってます。

『AKIRA』が、敢えて1、2巻なのは、その2冊が本当に自分の作家としての根幹の部分を形成してるから。
この2冊は、12歳の時に親に買って貰った物です。
当時はまだ立ち読みが出来ましたから、中を見て本当に衝撃でした(言葉にすると簡単だけど、衝撃なんてモノじゃなかったんですよ)。
初めて本屋で出会ったその時に(確か母と一緒だったと記憶してます)、とにかく「これを買ってくれ」の一点張りでした。
学校から帰ってずっと読んでたと思います、何度も何度も。
その当時のモノをもう20年以上何百回も読みまくってきてます。

『ナウシカ』も、確か10歳くらいだと思うんですが、CMで見た時はテレビの前でひっくり返りました。
初めて、親に「映画に連れて行ってくれ」と頼んだ映画です。
まだ映画館は立ち見も当たり前の中(父親と、妹もいたかな?)、余りの混雑で我々は階段に座って見てました。
でもそんな事を忘れるほどの凄さ。
もう一発で魅せられ、大好きになったんです。
四六時中、『ナウシカ』に触れていたいと思う始末。
当時はまだビデオデッキなんて便利なモノ無かったから、カセットで買って聞いて、ビデオが出たらビデオで見て、DVDが遂に出た時は涙ものでした。
私は、好きな作品は本も漫画も映像であっても、好きな部分だけを繰り返し見るという人なんですね。
例えば『ナウシカ』なら巨神兵のシーンです。
巨神兵がド━━━━━m9(゚∀゚)━━━━━ン!!!!のところです。
だから、ビデオだと同じシーンばかり見ちゃうんで、すり切れちゃうし巻き戻し早送りはめんどうくさいしで大変だったんですよ。
何百回と見た『ナウシカ』の、更にこのシーンだけを見るのにDVDがどれほど便利か。

『AKIRA』で好きなのも、SOLのシーンだったりします。
もちろん、あのビルの描写に当時もの凄い衝撃を受けて、いまだにビルを描くのが好きだったりするんですけどね(笑)。
でも、繰り返し読むのはやっぱりSOLのシーン。
アキラの目覚めから、鉄雄の咆哮までの一連のシーンはまさに聖典といえる部分。

ビーム大好きなのか、俺は。


師匠に初めて漫画を見せた時、「お前大友克洋好きだろ?」とずばり言われました。
確かに、すでに彼の影響を受けた漫画家さんは一杯いましたが、ご多分に漏れず私もそうでした。
「でもお前、少年漫画描くんなら絵を変えなきゃ」
そう言われて、がんばって変えました。
今の絵柄しか知らない人は絶対に分からないと思います。

今では全然私の絵の印象とは違うそんな『AKIRA』と『ナウシカ』だけど、やっぱり原点なんですね。
もう全然アイディアが出ない、思ったような絵が描けない、なんだか元気が出ない、はたまたお金がない、仕舞いには花粉症が苦しいそんな人生の苦しい時に読み返す、そんな原点。
私は漫画とアニメでしたが、それが歌だったり、歌手だったり、ドラマだったり、色々でしょう。
モノは違えど、みんなそんな何かがあると思います。


どうも最近の子供達には、そんな原点となる作品が少ないのかもしれないと。
んで、編集さんと私は、『喧嘩代行屋』をそんな作品にしようと。
溜池さんの物語は、充分そうなる資格があると。
自画自賛は当たり前、私もそう思ってます。
脚本を最後まで読んだ時に、普通に泣きましたもん。
絶対の自信を持って描いてますので。

いずれこの先、誰かに「『喧嘩代行屋』が原点だ」って言われたら、作家としてはそれが本望なんだろうなぁ…。
 



オマケ:
『究極超人あ~る』という作品で、主人このR・田中一郎君が自分のネタ帳としてつげ義春の漫画を出すシーンがあります。
同じ意味で、私のネタ帳は中川いさみの『クマのプー太郎』。
私のギャグの元ネタは大体ここから。
高校の時だから…もう20年近く前の作品なのか…。
 
スポンサーサイト

テーマ:生き様 - ジャンル:その他

  1. 2008/05/28(水) 16:56:11|
  2. 喧嘩代行屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに
  5. | コメントはBBSに
<<九蓮宝塔をあがるとき | ホーム | 三倍とか、75°とか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomomma.blog97.fc2.com/tb.php/139-f938359d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。