我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | コメントはBBSに

贈る言葉

航星日誌:地球歴2010年8月17日

LOST、第5シーズン、ソーヤのセリフより

「俺も愛した女がいた。
一緒にもなれたが…ならなかった。
間違ってたんじゃないかとしばらく毎晩、ベッドで悩んでた。
一生…忘れられないだろうってな。
でも、それが今じゃ―ほとんど思い出せない。
どんな顔か―記憶から消えてる。
どうせ二度と戻ってこないしな。
だから―どんなに好きな相手も3年ありゃ…忘れるもんだ





そう言えばそうだなーと妙に納得したので、忘れないようにメモ。
そうそう、実はこのあとソーヤはその忘れた女性と再会してしまうと言う笑えないオチが待っていたんですが(笑)。


【0830追記】
ちなみにこの話、嫌いな人をなんで嫌いだったのか忘れて思い出したときの話。
実は恋愛絡みでもなんでもない…。
 
スポンサーサイト

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  1. 2010/08/17(火) 12:58:38|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomomma.blog97.fc2.com/tb.php/304-e84cb9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。