我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

オンリー・ザ・ストロング

航星日誌:地球歴2010年8月24日

『オンリー・ザ・ストロング』

確か大学2年生の時。
学校の語学研修と称してフィンランドへ行ったんです。
その行った先のテレビ番組で何回か目にした『デモリションマン』。
仲間内でちょっと流行り、日本に帰ってきてからも気になっていました。
帰国してすぐ、今度は日本のテレビでその『デモリションマン』が放映されることになったのですが、主役のひとり、ウェズリー・スナイプスの紹介欄に確かこう書いてありました。

「格闘技:カポエイラ」と―。

極真空手の漫画では、クルクル回るだけでお馴染みの(とは言え私はそれを見ていないんですが)、あの、カポエイラです。
あんな謎の格闘技を習得しているウェズリー・スナイプス!
ヤバい、カポエイラってどんな格闘技だよ!

…とその時、なんとテレビ朝日の深夜にカポエイラの映画を放映すると言うではないですか。
『デモリションマン』の熱も冷めかけていた頃、仲間内でも格闘技オタクだった私とSくんはその知らせに歓喜したのです。

そしていよいよ放映されることになった、それが『オンリー・ザ・ストロング』なのです!


あらすじは実に単純明快。

〔かつて陸軍特殊舞台にいた軍人のルイスはカポエイラを取得し、恩師に会うために故郷のマイアミに帰って母校を訪ねるが、そこは荒廃した不良の巣窟と化していた。
そこでカポエイラを使って生徒共を更生さそうと考えたが、ギャングの魔の手が忍び寄ってくるが・・・。〕


この馬鹿馬鹿しいまでのストーリー。
しかしながら、過去も、そして現在もこれ以上カポエイラを魅力的に描いた映画はなかった!(モチーフを考えるとこの先もないでしょうが…)

翌日から私とSくんの話題はそれ一色となり、その後私は『鉄拳3』に死ぬほどのめり込むことになり、最終的には漫画を一本描いて賞を貰うにいたったのです。
驚くことにテレビ朝日はその後その映画を再放送し、更にCSで過去一度ラインナップに入り、そして日本のテレビでは見ることはなくなりました。

頼む!DVD出してくれ!ブルーレイでのみ出すというなら、ブルーレイ買う決心する!!


『オンリー・ザ・ストロング』オープニング。
たった2分でカポエイラの魅力を完璧に伝える素晴らしい映像。

ちなみに日本でカポエイラを教えてる方は、この映画を見てブラジルに行き、カポエイラを学んできたとか…。
 
スポンサーサイト

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/08/24(火) 20:40:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomomma.blog97.fc2.com/tb.php/305-2b23c858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)