我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | コメントはBBSに

猫と掃除機と俺とお前と大五郎

航星日誌:地球歴2010年12月14日

猫が掃除機を怖がるのはもう常識でしょう。
…常識だよね?

そんな猫が掃除機を怖がらなくなるのは、もう時間が解決するしかないのです。
つまり歳を取ってボス格になって何も感じなくなるくらいになれば、自然と掃除機を怖がらなくなるのです。
ミッシェルやシッポネンがそうでした。
若いネコたちは掃除を始めると怖がって勝手にどっかに行ってくれるので、掃除機もかけやすいのですが、ボス達は動こうともしない。
突っついても蹴っても無視。
自分たちの得た場所の居住権を主張。

育った環境によっても違ったりします。
ebiyohanta.jpg
ハンタという猫(画像の小さいキジ。三毛が海老代)は、拾ってからずっと家族が洋服のお腹のところに入れて育てた所為もあり、掃除機の音なども日常の音でした。
…って言うかコイツは喧嘩をしないのに近所の不良猫が恐れるほどの特異な強さと性格を持っていたんですが。

で、美が掃除機を怖がらないことに昨日気が付きました。
しかもコイツ…最近床暖房に気が付いてそこから動きやしねぇ…。
4コマ-3-2
だんだんドライフード以外も食べるようになったし…ますます他の猫と険悪に…。
 
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/12/14(火) 17:43:52|
  2. 我々はネコだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメントはBBSに

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomomma.blog97.fc2.com/tb.php/323-2a617b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。