我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ

マンガの人の航星日記

ロケットボーイズ

航星日誌:地球歴2012年1月4日


ロケットボーイズ〈上〉ロケットボーイズ〈上〉
(1999/12)
ホーマー ヒッカム・ジュニア

商品詳細を見る


『遠い空の向こうに』

遠い空の向こうに [DVD]遠い空の向こうに [DVD]
(2005/06/24)
ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー 他

商品詳細を見る
という映画がありまして。
これが本当に良い映画で、「炭坑ものに外れ無し」という私の勝手なお約束が出来上がったほど。

上記のロケットボーイズはこれの原作に当たります。
もともと最初に見たのは映画だったんだけど、これが素晴らしい出来。
主人公のジェイク・ギレンホールはこれ以降だいたい彼の作品を見る様にしてるほど。


原作は、ホーマー・ヒッカムという少年の、高校時代を生き生きと描いている。
これがまた、本当に素晴らしい内容なんですよ。
この人作家の才能が凄くあるんじゃないか?と思うほど「上手い」の。
始めから終わりまで、全く飽きずに、むしろ下手なフィクションよりハラハラドキドキする出来。
これは読んで絶対損はないよ。

これを読んでから映画を見ると、はしょってるところも多いけど、上手くまとめてるのがよく分かる。
あと、原作にはなかったシーンを入れたり凄く上手にまとめていて、映画も映画で感動しまくりなんですよ。

これは是非映画を見て、そして本を読んで欲しい。
チョーお勧め。
って言うか、今久し振りに映画の方を見て最後やっぱり泣きそうになった。

よくあの本をここまでうまくまとめたなぁー…。
 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/01/04(水) 21:34:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメントはBBSに

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomomma.blog97.fc2.com/tb.php/383-1acdf003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)